フェアトレードコーヒー専門のオンラインショップ
“コーヒー本来の香りに包まれたひと時を”フェアトレードコーヒー専門オンラインショップ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
エリア
コンテンツ
甘いチョコレートの風味に、柔らかな酸味、切れの良い良質な苦味が特徴
全国送料無料【フェアトレードコーヒー】インド バドラ 150g 
1,200円(税込1,296円)
各オプションの詳細情報
状態
購入数

全国送料無料【フェアトレードコーヒー】インド バドラ 150g 
1,200円(税込1,296円)
インドコーヒーの発祥の地より良質なコーヒーが届きました。

南インドに位置するジリスと呼ばれるババ・ウ・ブダンの丘陵地。
豊かで肥沃な農園の緑豊かな熱帯気候と、
他に類を見ない高地のロケーションから生まれた風味をお楽しみいただけます。

産地情報
国名:インド連邦共和国
地区:カルナータカ州チクマガルール
標高:900〜1,100m

商品詳細
品種:アラビカ
収穫:手摘み
精製:ウォッシュド

南アジア最大の国インドの機構は地域差があるものの、
年間を通じて気温が高く、雨季と乾季がはっきりと分かれています。
主要産業は農業で、労働人口の半数が農業に従事していると言われ、コーヒー栽培もその一つです。
インド北部にはガンジス川やインダス川などによって形成された肥沃で広大な平野がある一方で、
南部の大部分にはデカン高原といわれる台地が広がっており、
コーヒー栽培は主にその南部高原地帯で盛んに行われています。

1695年、当時イエメン地方のイスラム教寺院で栽培されていたコーヒーは
国外へ持ち出しが厳しく禁止されたいましたが、
インド人のババ・ブーダンが聖地メッカ巡礼の際にコーヒーを持ち帰り、
南インドのマイソール海岸で栽培に成功、
この木が原木となり南インドにコーヒー栽培が広がりました。

インド南西部のアラビア海に面したカルナータカ州は、
インドで生産されるコーヒーの約70%を生産しています。
カルナータカ州の中でもチクマガルール周辺の土地は
豊富な雨量による湿潤な熱帯気候の中で、良質なコーヒーが育まれています。

このような他に類を見ないロケーションだからこそ生まれた、
甘いチョコレートのような風味、柔らかな酸味、
切れのいい良質な苦味が特徴のコーヒーをぜひお楽しみください。


この商品を購入する